assyschwarz's diary

最近のブログです。

自由

ものは、作ると生まれる。作ると出来る。そういう、抽象的で自由な理性が多かった。
社会は、システムとして、視点と関係から成り立つ。
Linuxから、全ての科学を作った。
何かは、何かになる。そういう、何かになる、と言う発想が多かった。
何がどうなるか、考えていた。
ユダヤ人にドイツ語を教えていた。精神分析で、神になっていた。
思い出せないと、すぐに分かる。
経験とは、環境を変え、支配することだ。
自由とは、現状を変えることだ。
理性とは、抽象的かつ相対的に予想することだ。
そのように、一行で記憶を書いていた。
人間が分かっていた。世界を全部見て分かっていた。色んな人間を分かった。
経験とは、人間の在り方を考えることであり、体験とは、皆と関わって体験的な自由を感じることだ。
視点と見方、経験と自立、影響力と歴史、価値観と記憶が全てだ。
賢く馬鹿にするのが悪い。皆を、普通に賢くすれば良くなる。
表現を考えていた。
言葉が分かっていた。昔から、思いやりのある、本当の正しい善人のような人間だった。
発想から可能性を具体化し、方法から実現せよ。
森羅万象を考えていた。線形代数のようなものと同じものを作ったりしていた。
創造性から方法が生まれる。法則から予測出来る。
因果性や自然法則は、人間の側にある。
会社は、知恵を集めて、皆で作れば良い。
そのような方法のようなことを全部書いていた。
神を信じると分かる。
自由とは、自然に任せることだ。
あとは、全て記憶を詰め込んでいた。そろそろ、世界が変わると思う。もう、分かるだろう。
変わると思えば変わるのが世界だ。
いつも、意識を支配していた。もう怖くない。
価値観として、右翼より左翼の方が優れていると思う。
間違いのように見えることも、それはそれで正しいことが多い。積み重ねれば、全て分かる。
日本語を自由にし、改良せよ。
一度証明すれば、再度する必要はない。
人間の在り様を考えると良い。
自分が自分で居られることを実感せよ。
キリストなんか、居ないのかもしれない。ナポレオンすら、居るか分からない。
神は男でもあり、女でもあるが、二人ではなく、一人居る。
神は、信じるものしか救わない。ユダヤ教は、そういう、セコイ宗教だ。
日本はまともだ。どの国も退廃的に滅びているのに、日本だけまともだ。
日本は、全く違うから、賢くなった。
歴史的に見て、ドイツと良く似ている。負けたせいで民主主義になって、工業で発展した。
そんなに頑張っても意味がないが、日本は頑張った。
日本にドイツのような発明が出来ないのは、日本は馬鹿をしないからだ。
日本に民主主義は出来ない。退廃的な文化は、右翼で直った。
日本は、鎖国しても何とかなる国だ。閉鎖的で、否定的だが、自立力がある。ギリシャに良く似ている。
アメリカは、解放的だ。本当に逆なのが、アメリカと日本だ。アメリカは、馬鹿だが、もう浸透した。
日本には、狂っている自覚がない。最近の日本は、狂っているだけだ。
僕は、皆が僕のことを愛してくれていることに満足している。
僕も皆のことが好きだ。だが、もう愛してくれなくて良い。
自由とは、価値観の合意だ。そのように、社会に提案を提示していた。
機械は、設計図と原理と方法だ。方法を公開せよ。
手段を与えよ。そういう平等のようなことを言っていた。
あとは、考え方や思考の方法のようなことを言っていた。
認識し、仮定し、思考し、辿り、捉え、説明せよ。
人間を思考で実験せよ。
脳には、神の部分がある。それが、治った。
学習と反応から人間を知れ。
感じる力と思考力があった。
社会から外れて、分からなくなって分かっていた。
足は楽になった。
過去の環境を想像力で思い出して、認識を比較した。想定して考えた。
多角的に全部すれば治る。分かる。
昔は、多角的に全部しただけだ。
想像力で色んな時代を分かって、発想した。具体的な認識と発想が分かった。
あとは、変化を分かっていた。
文章の中で、全部実現していた。
倫理性を分かっていた。社会は変えられる。社会に参加すべきだ。
全部同時進行は、辛い。
会社は、考え方と創造性だ。
足は、楽になった。治った。
嘘をつき、ものを盗み、人に危害を与えることを禁止する。
途中で判断し、行動するのではなく、最後まで待てば良い。