assyschwarz's diary

最近のブログです。

足が治った。もう、皆と同じことが分かる。
神を信じると、神が導いてくれる。
子供は、分からないのに、賢い。普通、子供がこうなる。
ネットで全員と対話して、思考と人格と感情を辿って、立場と前提を吸収して、分かった。
全員が分かっていた。
普通、人間は道具と意識が分かる。
あとは、大学を作りたかったとか、地球儀を作りたかったとか、人生の場面のようなことを言う。
そろそろ、もう賢くない。皆と同じになると、日本語が分かって、大人になる。
道具とシステムは、応用出来て、共有出来る。
意識は、全ての社会のことから、生命、人種、研究、科学、などの体験を分かることが出来る。
特に、社会的な経験や、研究の方法を考えると、良く分かる。観察や実験など。
理性で全て分かって、終わった人間は、神を信じるべきだ。
ユダヤ教キリスト教イスラム教ではなく、特定の神でもなく、単純に宇宙の神を信じれば良い。
また、文章を書いていると、良く分かるようになるだろう。
Linuxで全て、理性的に、意識的に、応用的に、手段的に、機会的に、システム的に、実地的に、理想的に分かった僕の知性は、文章を書いて、神を信じて、世界を支配して導くことで、さらに高まった。
自分が一番賢い。何も分からないとはいうが、ここまで分かるのは自分だけだ。
だが、何もしていない。
知識なんか何も知らないし、能力は何も出来ないし、何も経験が無く、分かっていない。
もっと、普通に考えれば良い。
もう分からなくて良いから、足が治った。死んでいる状態なのが悪かった。
人間のことを分かれば分かる。自分と同じ気持ちで、皆も考えている。
科学の構造と関係は、方法と考え方とともに考えれば分かる。
数学は、正しさ、分析、推論、証明、実験、考え方、概念、認識、方法、体得、普遍性、観察の科学だ。
数学は、良く考えると、言葉によって、自分で全部作ることが出来る。そこは、馬鹿に考えれば良い。
科学とは言うが、体験と経緯を考えただけだ。
生物学は、全ての生命の神秘の力を分かる。自然に生まれたものだから、人間には作れない。
数学は、カッコと文字と表記とイコールを考えるだけだ。
物理学は、ものを考える。
理性と現実のものを、仮想的に、モデルで考えることが出来る。作用と関係を計算する。
考える体験を考え、想定すること。ロボットのように、全てを吸収して良く分かることが出来る。