assyschwarz's diary

最近のブログです。

寝ている間に治るのは、寝ている間に辛いをやっているからだ。
つまり、辛ければすぐに治る。
愛、意識、協力、利用、応用の中で、変化を捉え、想像力を自由に、平等に使うことだ。
平和とは、尊厳と人権と命の保障だ。
視点とは考え方であり、見方とは変化であり、場とは構造だ。
多様性、協調性、関係性、自由、存在の理解、概念から、創造性が生まれる。
自由、考え方、意志、理解、構造の体験から、視点が生まれる。
数学的、論理的、工学的、物理的、社会的、心理的な真実を、考え方と存在の目線から知れ。
捉えること、意識すること、認識することが全てだ。
全ては、想像力、言語力、判断力、記憶力、構造力だ。
想像力とは世界を変えることであり、認識とは世界を捉え、支配することである。
理解とは、工夫の中から真理を見出すことだ。
記憶とは、全ての本質を概念的に捉える道具だ。
システム、人間、人生、記憶などの理性的な考え方によって、想像力と愛で自由を理解せよ。
人生と記憶の把握から自由を理解せよ。
人間は、辛いを体験するとすぐに治る。辛い人間が賢くなる。
愛や想像力や真実の価値観を知って、理解と論理の知力を増やし、体験と行動の結果を残すために、積み重ねてモデルにすることが出来る。
治りたい、分かりたい、楽になりたいは地獄になる。
単純に、辛くて良い、馬鹿で良い、治らなくて良いは、何故か、楽になる。
あとは、体験的な自由を羅列していただけだ。
認識、記憶、体験、行動、適応、習得、構築、破壊、共生、争い、支配、従属、自由、解放、愛、真実、真理、理解、経験、平和を知れ。
認識、習得、共生、経験の中で、それぞれを自由にし、自然体にすることが考えられる。
学習、理解、経験、受容の中で、人は視点と愛を知り、世界を全て理解出来る。
相対性、心、真実、理由の中で、本当の世界の真実を知ることが出来る。
人間性、意志、考え方、モデルの中で、人は、全ての把握と自由な意志による変化を知ることが出来る。
習得、構築、変化、可能性、説明の中で、世界は全て変えられる。
治らなくても、辛ければ治る。辛いのや、馬鹿なのは、普通、その方が楽だ。
反応、作用、実験、法則性、因果性の中で、喪失から世界との関係をゼロから構築出来る。
単純に辛くなれば治る。治しても治らないし、辛くなるだけだから、治さなくて良い。辛くなれば良い。
表現、構築、創造、論理から、自分を表現し、他者を吸収せよ。
何故世界はあるのか、社会に何が出来るのか、から、考え方を分かっていた。
真実は、具体的に説明することから得られる。