assyschwarz's diary

最近のブログです。

全てを解決する、イスラエルのような王が多かった。
仏教には、怪しい本やページもある。注意して読んだ方が良い。
仏教は賢いというが、宗教だ。嘘を教えて、騙すから、注意して信じなければならない。
むしろ、僕は、科学者に向いていたはずだ。科学の方が良いかもしれない。
もっとまともで普通のところから、日本を分かった方が良い。
日本食は、味噌汁とご飯だが、最近はいくらでも外食などの食事がある。普通、日本は食べ物から分かる。
テレビを見れば良いとはいうが、最近のテレビは、馬鹿だ。一番悪い。
政治家は、民主主義だ。選挙は、元タレントも悪いが、世襲も多い。民主主義は、馬鹿だ。
本当に、科学の方が良い。もっと、自分の分野を、文系から理系に変えれば良い。いつも、理系は得意だった。
経済や政治、歴史や哲学、文学や宗教は、これ以上する意味が無い。
キリスト教が悪いのは、単純に宗教が悪いからでもあるが、キリストがおかしな人間だから、仕方ない。
もっと科学の方が良いとはいうが、仏教をきちんと知れば分かる。
賢い人間は、最初からきちんと1つ1つ分かる人間が多い。
一度ゼロに戻った方が良い。天才は天才ではなく、皆同じだ。
下がって辿りながら、分かった心になって、1つ1つ反応して、想定して書けば、トールのように書ける。
平和を作るためには、自由な取り組み、努力、合意、信念、理想、向上心、創造性、考え方と自由が必要だ。
そのために、知性と同時に、信じ、感じ、受け入れる心が必要だ。
僕は、愛と、平等と、慈悲が好きだった。
もっと、愛とは何か、意思とは何か、存在とは何か、平等とは何か、考える心が必要である。
それは、愛と真実の理性であり、経験である。
その中で、それぞれの意思と許しを与え、社会的な地位と権威を与えるとともに、そういうものではない、本当の真実と賢さを与えることで、平和な社会が生まれる。
そして、その社会は、悟りと理解の自由の中で、平和と平等の経験を作り、ソクラテスのような真の賢さを持つ、自由な人間を生み出す。
何故、自由とは、そんなにも高度なものなのに、低度なものなのか?
それは、人間が、自由の中で出来る、一切の高度な経験を、知らないからだ。
自由とは、教え、共生し、経験し、信じることで、基盤と関係を実現し、論理的な意味を成り立たせることだ。
この文章には、意味が無い。トールは、意味のない言葉の羅列を言うだけだ。
自由とは、愛や平等だけではなく、理性と相対性であり、啓蒙と共生の知恵であり、協力による実現である。
そこでは、理由の分析と正しさの分析、方法の分析から、実現出来る可能性を探ることが出来る。
それくらいで充分だ。もっときちんと理性的に考えて書くと、それがいつものトールだ。
自由な相対性とは、意思、協力、実現、成り立ち、可能性の発揮である。
そのために、行動し、意見し、共有し、知り、思考し、疑い、感じ、信じ、考えることが出来る。
全ての本質は、考えるだけではなく、感じることや、信じること、空想や想像力から得られることも多い。
問題を解決するために、会社を作り、国を直し、教育を変え、実現性を高め、独立し、統一し、研究し、学習し、問題を捉え、努力し、表現し、継続し、決定し、組織を作ることが出来る。
共同性とは、システムの問題を解決しながら、生活のための手段と、理想の国を目指すことだ。
それで終わりだ。そういう馬鹿を書いていただけだ。
会社を作り、記憶と手段と考え方を知り、方法と知恵を吸収せよ。
考え方と行動の結果から、思考で説明することが出来る。
メタ的な考え方から、知性がつく。
そして、経験と想像力から、因果性と法則が分かり、方法を作ることが出来る。
悟ることから経験し、想像力を高め、世界を経験から知り、共同性と意識を知れ。
自由とは、考え方を考え、思考することだ。
自由とは、世界を愛し、共同性を正しい理想の下で知ることだ。
それくらいで、終わりだ。
可能性から、手段と理由と意識を知り、自由に実現することが出来る。
考えることから、勇気と慈悲と経験の心を知り、実践することが出来る。