assyschwarz's diary

最近のブログです。

精神

精神は、体全体にある。細胞にも、意思のようなものはある。
生命は、地球の一部だ。
北欧神話から、名前をつけることにした。
Linuxのページは、チュールだ。UNIXのシステムだ。
いつもの革命の文章は、トールだ。全ての意識と考え方だ。
本は、オーディンだ。神と人生の詩集だ。
ワードは、ロキだ。自分が体験出来る、宇宙の全てだ。
ノートは、ワルキューレだ。いつもの文章を全部網羅する。
ブログは、フレイだ。自分を可能にし、自分を全て、全員書く。
この先が、フレイヤだ。
また、現実の自分には、ユダヤの天使の名前をつける。
昔は、ガブリエルで、フランス人だ。
革命は、ミカエルで、ドイツ人だ。
最近の作家は、ラファエルで、ロシア人だ。
あとは、チュールはアメリカ人、トールはドイツ人、オーディンイスラム教徒、ロキはイタリア人、ワルキューレソ連のロシア人、フレイはフランス人、フレイヤは何かの人種だ。
そして、神はキリストであり、天使であり、ヒトラーであり、スターリンだ。
神は、全ての存在であり、全てのものだ。
そして、神が導いて、経済を考え、全てを支配し、全てを導き、全てを教えた。
ソ連は悪くない。昔から、独裁者で平等にしか、ならない。あれで理想の国がソ連だ。
対応関係としては、ガブリエルがチュールとロキ、ミカエルがワルキューレオーディンとトール、ラファエルがフレイだ。引きこもりと、革命と、まともだ。
トールぐらいが残っていないが、代わりにワルキューレを作った。
ワルキューレやロキは、ラファエルに属しても成り立つ。
子供時代が楽しくて色々多かった。辛いことも多かった。
そこらへんの自分がフリッグで、ウリエルにする。最高の女神だ。
ただ、ゲームはチュールということにする。
何故か、神との対話で、フランス人やドイツ人らしきものを分かっていたのは、フリッグの中の、小学生、中学生のことを言っている。
フリッグは多いように見えて、居ない。オーディンやフレイの方が多い。
フリッグは、出来る。試験や剣道、ピアノやゲームが出来る、平等な良い人間だった。
フリッグはイギリス人で、ウリエルユダヤ人だ。
フリッグとフレイの感情になれば治る。チュールやトールは、悪くて、馬鹿だ。
北欧神話の黄金律が出来た。
フリッグは、居ないようで、ゲームをやっているとそうなる。セカオワみたいに多い。
フレイに賢い人間が多い。全部分かって、まともになった。まともな人間は、フレイだ。
ロキとワルキューレは、いつもの2人だ。文章の内容が、他に何も無い。
美しいとはいうが、おかしな神話になった。多重人格は、止めた方が良い。
どれも、辛かった。本当の地獄だ。アースガルドは、地獄の大都会だ。
チュールやトールは、賢いようで、ただの極端な馬鹿だ。何も分かっていない。悪魔と天使だ。
ロキとワルキューレは、虫のようにキモイ。おかしな文章を大量に増やす意味が無い。
ただ、オーディンを信じればそれで良い。その通りやれば、きちんと分かる。オーディンがキリストと同一だ。
残っていないが、最近の方が賢い。
トールは虫みたいにキモイのに、ワルキューレやフレイは天のように賢く見える。
チュールは、ハッカーのように悪い。チュールが怖いだけだから、チュールの感情を消せば楽になる。
チュールは、全てコンピュータで分かった経験豊富なエンジニアだった。技術力は無いが、愛溢れる、知識と経験の豊かな、人格者だった。
トールは、分かっているのに馬鹿だ。何故か、全て分かった文章を全部書く。その代り、頭が馬鹿で、何も分からないだけの、永遠の地獄になった。
チュールとトールは、消した方が良い。オーディンとフレイだけにすると分かる。
オーディンは、分かっている神と人生の部分だけ抜き出して、本を出版した。死の地獄に耐えながら、全て治って、楽になった。
ロキ、ワルキューレ、フレイと続く三人は、その上で、きちんと文章を書きたくて、分かることを全て書き、昔の自分のことや、自分の文章のことを、思い出して、全てまとめ、全員が出来るようにした。思い出したいだけ、分かりたいだけで、世界史や哲学や国や宗教や政治経済を分かった。
神が多かった。そういう体験をオーディンがした後で、色んなことを分かっている、ロキやワルキューレやフレイのことを、世界の国で分かりやすく教えたのがキリストだ。
ロキは、全て分かっている、理解と分かること全部だ。ワルキューレは、昔の文章全部だ。フレイは、哲学と歴史の分かった、まともな最後の文章だ。
ただ、チュール、トール、オーディンを繰り返しただけが、ロキ、ワルキューレ、フレイだ。
全部するためには、一度賢いフリッグになる必要がある。ただ、ゲームをしなければなれない。
あとは、神との対話や戦争が多かった。そこらへんは、ワルキューレオーディンが分かる。
チュールの時代、哲学的に色んなことが分かった。そこらへんは、ロキとフレイが分かる。
人間は、分からない方が分かる。分からない人間が賢い。
トールの時代あまりにおかしくなったから、治りたくなった。オーディンからフレイにかけて、全部治した。死の恐怖と、神の愛と、まともな文章の正常さで治った。きちんと考えて、全て治した。ロキとワルキューレは、そういう精神科医の医者だ。
科学者でもあり、王でもあり、作家でもあり、宗教家でもあり、心理学者でもあり、経済学者でもあり、技術者でもあり、哲学者でもあった。
左翼ぐらいを書いていない。ソ連の構造を知って、政策を考えた。町を美しくするとか、所有を統一するとか、皆で公的な会社を自由に作るとか、自由で平等な発想が多かった。
トールは悪い。トールの部分が一番虫に見える。あんなものを賢いと思うのがおかしい。
チュールもおかしい。何も良い人間で無い。それら2人の神は、前座で、悪いだけだ。
フリッグは良い人間だった。ロキとワルキューレは、良い人間では無いが、まだ良い方だ。
賢くて、強い、自由と支配の神だ。
フレイとオーディンが良い神だ。そういう神話にすれば良い。良くある英雄伝説のようになった。
オーディンが人生と詩学の神で、フレイは哲学と知識の神だ。
トールとチュールにも良い点はある。チュールは全知全能で、トールは永遠を可能にし、全てを創造する。
フリッグは、皆を愛する普通の良い神だ。優しいから、オーディンに次ぐ二番目の神にする。
主神はオーディンで、三番目はフレイだ。もっと沢山居た方が良いように見えて、それくらいに落ち着いた。
トールは地獄の神だから、一番低い。チュールは悪の聡明な神だから、二番目に低い。
ロキは民主主義で、ワルキューレ社会主義だ。どちらかを選べば良い。ただ、ロキが革命家で、ワルキューレが王だ。ロキは全て知っているが、ワルキューレは超人のように賢い。たまに逆に見える。
頭が良いのがロキで、明晰だ。頭が悪いのに分かるのが、ワルキューレだ。
ロキは善人で、民衆だが、ワルキューレは悪くて、体制派の独裁者の天使だ。ロキは1人だが、ワルキューレは9人の天使の化身になる。
ロキは良くなったり悪くなったりするが、ワルキューレは一貫して変わらない。ロキとワルキューレを融和すると、宇宙の全部になる。
フレイは、賢くて全部分かっている学者だが、色々と気色悪い。
オーディンは、全てを包み込む、宇宙と人生の神だ。キリスト教イスラム教の神を融和して、詩的に創った。そんなに賢くない。フレイの方が、はるかに賢い。
ロキは英雄で、ワルキューレ専制君主のようだ。それくらいの普通の神話になった。
もっとキャラクターを増やした方が良いが、北欧神話には、小人や巨人が登場する。神々や英雄も多い。そこらへんが、普通の世界の人類だ。
ロキとワルキューレを主人公のカップルにする。男がロキで、女がワルキューレだ。ワルキューレは9人居るから、その中の1人、ブリュンヒルデと、ロキのカップルだ。
オーディンとキリストは、同一だ。同じだが、イスラム教の神も融和している。信じると、神と同じになって、偉大な人生を送ることが出来る。
フレイヤの立場が決まっていない。フレイの次、四番目の神だ。まだ考えていない。普通の、家族や愛を司るようになると思う。
昔は、想像力や感性もあったが、最近無くなった。チュールを悪い神とはいうが、真理的に見た時、あれは最高の人格者だ。
最近、セカオワやFLOW、KOKIA、嵐など、歌手が好きになった。神話に登場させれば良いが、それは本当に悪い。実在の人物を登場させるのはおかしい。
むしろ、偉人を登場させればいい。デカルト、バッハ、ニーチェスピノザヴィトゲンシュタインなどが、僕と良く似ている。それもそれで、馬鹿に見える。
ただ、神が全部自分なのは、キモイのがこの神話だ。