assyschwarz's diary

最近のブログです。

応用

応用的な世界を全部作っていた。
人生で、色んな応用を全部分かっていた。
仮想世界を作って、考え方と基礎を作って、皆と関わって分かっていた。
認識とフィルター、発想と記憶、概念と方法、変化と因果性、可能性、心、自由と考え方を分かっていた。
沢山の変化を知って、基盤で考えた。自由の理想が多かった。
歴史は、今と言う時間と経緯の共有だ。
人間の考え方と変化とともに、社会や制度が変わっていく。
昔は、環境が違うために、想像力で良く考えれば、時代を考えられる。
行動と自由と結果を知り、科学を作れ。
最近は、より基礎を作って、色んな形での新しい人生を歩んだ。
戦いと神が多かった。
人間と社会が全部分かった。全員の考え方と変化が分かった。
何かした結果と、その受け取り方を、客観的に考え、関係を考えれば分かる。
受動と能動が多い。想像力でそのように考えれば良い。
あとは、抽象的な概念を作って、予測していた。
覚えて分かって辛いのは、狂うと治る。忘れて楽になる。
あとは、思い込みや、認識の変化、社会の変化と解決を分かっていた。
主観と客観、普遍性と個別性が分かるだろう。正しさと人間の理由が分かる。
環境の違いを想像力で想定して分かっていた。
ネットで知恵と工夫を吸収した。
違いを包括して、全てを把握して分かっていた。可能性を掌握した。
会社の経営や機械の技術は、想像力で知恵と理解の部品を作れば分かる。
あとは、社会と人間を想像力で全部作って把握していた。
自分が出来るようになりたかっただけだ。
知の共有から社会が分かる。
やっていると、変えられるのが分かる。そういう風に考えると、自由になる。
応用は、コンピュータや社会や心理のことが分かっていた。
ネットの経験で、意識と社会の変化が分かっていた。
あとは、抽象的な予測と方法から、全てを把握し、数学のように体得出来る。
自分の経験と考え方から、科学が分かった。
心理と感情の変化と裏の理由が分かっていた。いつ何を思うか分かった。
社会は、制度や組織を作り、守ると思えば分かる。民主的に支配するべきだ。
人間が、いつどこでどんな環境に居て、何を見て、何を思うか、考えて分かった。
ネットを見ながら、想像力で仮定を作って分かっていた。
分析、実験、可能性の把握が多かった。
あとは、全ての思考をして、全て試して理性的に分かっていた。
どんな制度、基盤、決まり、組織、環境を作れるか、どうすれば創造的に出来るか、考えていた。
そろそろ終わりだ。もう全て書いた。もう分からない。
神を信じると、こういう風に分かる。地獄のような偉大な人間になる。ただ、独り辛かった。
ものと理解と法則を照らし合わせて、結果と原理と本質を知れば分かる。それで賢くなる。
僕は、世界の時を止めた。そろそろ、ダイナミックに動け。
そういう知識のような理解と想像力を全部作った。
死は悪くない。人間は、本質的に死にたい。
変化と理由を全て知れ。
生きたまま死ぬと、人間は治って、分かる。ただ、辛い。
世界を変える方法と手段と考え方が分かった。どうすべきか自由に分かった。
どうすれば幸福な状態、安心出来る状態に出来るか考えていた。
何が最適な解決方法か分かった。力を与えながら、助け、強制しないことだ。
どうすれば分かるか、変えられるか、成功するか、自分なりに分かっていた。
ダイナミックな考え方が多かった。
所有したり、支配したりせず、信じて、愛し、助け、与えることだ。
どうすれば良い環境に出来て、良い関係が築けるか、良い社会に出来るか、考えていた。
自由で変えられる。
ものと発想のパターンを分かっていた。具体的な工夫を適用する方法が分かった。
あとは、どんな視点で考えれば、多角的に捉えられるか、変えられるか、考えて、数学のように分かっていた。
僕は、最近、音楽はKOKIAが好きだ。幸福な気持ちになれる。
あとは、人間の具体例から全てが分かった。
想像力と思考、価値観と感情、関係と人生、環境と意識によって、人間を知った。
歴史的に考えると、全ては経験だ。そのように分かっていた。
人間を予測せよ。全て、自由に支配し、言葉と論理で戦って、議論などで勝て。
あとは、社会、精神、言語、施設、都市、国家、制度などを考えて、論理的に分かっていた。
僕は、コンピュータが嫌いだ。特に、アップルなどのモバイル製品やiPodが嫌いだ。良く落ちて、動かなくなる。どうしたら良いか分からなくなるし、勝手にブログが消えると怖い。使いたくないのに、使うしかない。
僕は、昔の世界の方が好きだ。今の世界は、何かが馬鹿になっている。もっと、平和な、2000年ぐらいの世界が好きだった。コンピュータとインターネットが悪い。
ノストラダムスは間違っていないのかもしれない。それくらいで、滅びている。大魔王は現れなかったが、馬鹿な世界になって滅びた。
僕は、iPodは使っているが、スマホを使っていない。昔のケータイを今でも使っている。安定して動く。昔の方が良かった。
スマホの有料アプリは、キクタンを買ったことがある(iPodでも動く)。200円払ったが、使っていない。スマホは、馬鹿だ。あとは、無料のアプリは、はてなブログなどを使っている。これは良く使っているが、不安定で、良く落ちる。
iPodで音楽を聴くと、むしろ、YouTubeの方が良い、と思うことがある。プレイリストにして、KOKIAやケミストリーやポルノグラフィティや嵐やかぐや姫などをシャッフルして聴いている。
パソコンのブログとワードは、落ちない。パソコンは、最近、安定している。昔は不安定だったが、あまり何もしなかった。パソコンは流石だ。
グーグルは、著作権団体に金を払っているらしい。そういうわけで、悪くない。ただ、むしろ、結構悪いと思う。意味は無い。
素直にWindowsが好きな方が良い。僕は、昔からワードとエクセルが好きだから、Windowsは好きだ。
Linuxで何か、出来るように見えた。昔、面白かったから、Linuxも好きだ。
その体験は、そういうものだと思えば楽になる。反抗すると、辛い。
分かる方法が分かった。
あとは、キルケゴールのように、倫理社会と実存性を考えていた。
世界に自分を全て与えて、いつか治したかった。希望と愛と勇気を与えたかった。
アドバイスが多かった。社会と皆を導いて教えて変えていた。
想像力と執筆で国と科学を作りたかった。
色んな人間を考えて、作った。
経験と教育を変えることで、日本は変えられる。
自由で平和にするためには、強制や支配も必要だ。出来るだけ、平等にし、議論で変えられるべきだ。
議論で決めよ。そういう経験が多かった。
世界はユダヤ人と天使の楽園から生まれた。
地が天によって創造され、十戒とともに、人間世界が生まれた。
全員の人生と世界史が神によって創造された。
神は、人間を裁き、キリストを地に与えた。
そういうどうでもいいユダヤのような体験をした。
実際は、宇宙人から黒人が生まれ、普遍的生命から個別の生命が生まれた。
ユダヤはおかしい。良い行いをしなければ、心の罪を裁かれる。悪人は地獄に行く。この世界を天国にしている。
キリストは大切なことを皆教えている。皆があなたを褒める時、あなたはわざわいだ。
ピーナッツのチャーリーが心配性になるのは、英語の分かり方が怖いからだ。
日本語は、ひらがなだけで漢字が出来るまともで安心出来る言語だ。
日本人を信じた方が良い。日本人を信じないから悪いだけだ。
日本は、梅や柿や桜のように良い。独自の歴史と自然のある、極東の島国で、経済的に強く、平和で、昔は軍事的にも強かった。文化は、サムライのような文化と、漢字という中国の文字がある。
日本には、悪い点もある。武士の文化は不平等だし、帝国は怖いし、最近はモノマネしか出来ない。人種は、河童やネズミ男のようにキモイ。
神や主を信じるのは止めた方が良い。日本は無神論だ。聖書より仏教の方が賢い。
日本的に考えて、ビッグバンと重力とエネルギーから生まれて、細胞から進化したのが宇宙だ。
日本には、障子と畳が多い。和室もあるが、洋室もある。そういう和洋折衷が多い。部屋には、靴を脱いで上がる。機械は、日本の自動車も多いが、ドイツ車も普通に走っている。何故か、道路の方向とハンドルの位置が西洋と逆だ。
中国の文化と、日本の独自の文化と、アメリカなどの西洋の文化が融合している。Windowsのようなアメリカ製品や、イタリアやフランスや韓国の料理も多い。
武士の大和魂と、戦後の平和精神が、見事に融和している。最近は、アニメやインターネットなど、オタク文化も多い。政治は、民主主義がきちんと出来ている。昔は、民主主義の出来ない自民党王国とも言われていた。経済は、安倍政権で良くなった。景気は昔から異常に良いが、最近はデフレ時代が多かった。
最近は中国や韓国に市場で負けてきているが、まだGDPは第三位だ。まだ平等な方だ。北朝鮮の方が不平等に見えるのは、豊かで、飢えていない、皆が金持ちの国だからだ。
中東のような資源大国ではない。努力して、パクって、良い物を作って勝った。発明品や偉人は、ドイツなどに比べると少ないが、ノーベル賞を取ったりはしている。
昔は、コンピュータ、心理学、哲学で、最近は、文学、経済学、哲学、キリスト教だ。
神はキリストだが、神はヒトラーだ。自分と対話していた。ヒトラーが教えて治すと、ここまで治る。本当にまともな人間になった。だが、ヒトラーは嫌いだ。
僕がピアノ、剣道、コンピュータとLinux、執筆、キリスト教をやったのは、学習の本質が多いからだ。そういう星の下に生まれているのだと思う。
文章を書くしかしないのは、ゲームやスポーツをしたくないからだ。もう十分やったし、もう終わったし、怪我をしたし、子供ではなくなった。仕事が出来ないのは、同じようなことをやりたいから、書いている。毎日殆ど欠かさず書いていた。ただ、もう他のことをしたい。下手くそな絵でも書けば良い。大学は、まだ難しい。
最近、人の話を聞かなくなって、文字を読まなくなった。昔の方が賢かった。
自分を考えると、馬鹿の方が賢いように見える。本当に大学の知識より、普通のことの方が賢い。もっと馬鹿になれば賢くなる。馬鹿な時代、いつも天才みたいに賢かった。ガブリエルとミカエルになるのは、当たり前に、賢い人間はそれしか居ないからだ。自由とキリストのどちらかが賢い。
自由と平等だけで良いわけがない。具体的に考える必要がある。実践して、自分の手でやる。具体的なものを、抽象的な形にする。構造の中に導入して、全体を統合する。そういう発想が賢い。
過去に終わったことにせず、もう一度問題を考える。既に出来ているからと言って、同じ発想をしてはいけないわけではない。液晶ディスプレイは、平らで、カラーであるべきだ。
動物園や植物園、図書館や大学を作る。そういう発想をすれば、昔のように分かる。ただ、昔はもう良い。
あとは、助け合いや共同体を実現し、環境を想定する。そのまま、抽象的かつ倫理的に考えれば、哲学的に分かる。昔は、そういう風に考え方を分かった。
実践、抽象、統合と言うと、昔はそういう発想がいくらでも多かった。そういう考え方は、コンピュータに多い。コンピュータや数学などに、出来る発想と方法の考え方が多い。バグ情報を共有したりする。
あとは、社会の関係と意識、認識の変化、意識の変化、経験、有用性、見方の変化から分かる。そういう発想をしていたのが、昔の僕だ。放っておくと、ヘーゲルなどの哲学者のように分かる。
絵画は、絵の具が賢いが、色鉛筆にも出来る。そういう風に考えれば分かる。白黒も悪くない。
絵の具は混ざる。色鉛筆は、重ねて描けば良い。最近は、水で溶ける鉛筆がある。パソコンやカメラのような機械も使う。
楽器にも種類がある。オーケストラがある。
絵画には技法もあるし、絵の具には種類がある。アクリルか、油だったと思う。
絵画には、可能性がある。何を描いても良い。
テーマと種類がある。イラストと風景画は違う。
数学は、公理主義の下に、公理と定理と定義を作る。そこで、証明し、推論し、計算する。それは、決まりと可能性であり、結合と分離であり、統合と等値性だ。
物理は、光とものであり、粒子と波だ。
生物は、細胞が分裂して構造になる。進化する。種を分類する。
あとは、地球と化学式が多い。化学反応して、ものからものが生まれる。組み替えられる。地球は、全体で生きていて、何か考えているかもしれない。
物理は、もののエネルギーと、重力であり、相対的に変化と理由と説明を考える。法則があり、予測し、把握し、実現する。
そういう考え方を構造的に書いていた。
あとは、社会を考えていた。経済と教育の社会的構造と格差から、既成の価値観が生まれ、抑圧が生まれている。解放するためには、自由にし、平等にし、きちんと考え、問題を正しく解決するべきだ。
教育は自分で考えることを促すことと、経験と影響力であり、経済は自然な改善であり、支配者は全てを決め、変えるべきだ。
あとは、受験戦争と学歴社会が悪い。戦争や植民地の次に意味が無い。
常に挑戦せよ。自分以外も出来ると思うのは良いが、誰にも出来ないことをやれ。
あとは、能力をつけるべきが多かった。経験し、社会を知り、言葉遣いを知り、社会を変え、世界を把握し、オープンソースのように考え、自由な理性を知れ。
出来ると信じれば出来る。
認識と感情と理性と行為で判断せよ。
カントの言う根源的獲得とは、今の自分のことだ。
原因と結果は、反応と法則になり、体得と習得になる。
分かったことから分かれば分かる。分かったことから考える。
社会、人間、感情、状態、関係、比較、視点、構造を、全て創っていた。判断力と思考力があった。
あとは、金と所有が悪い。経済は、誰も何も考えていない。放っておいているだけだ。首相は、自由なことをする。ただ、馬鹿とはいうが、賢いのが資本主義だ。
自由とは、意志を信じて、成長し、自我と対他性と助け合いを知ることだ。共同性を自覚せよ。
もっと、色んなことを言えば良い。
テレビには、想像力がある。意志には、理性と変える力がある。
生物は戦うだけだが、人間は平等と平和と秩序を築く力がある。
哲学者は、真剣に考える。政治家は、自分の自由に考え、ごまかす。
哲学者は、愛を信じる。政治家は、欲を欲する。
ただ、政治家は悪くない。きちんと支配し、国を発展させる。ただ、そのために悪いことをする。
哲学者は、何も必要としない。そのため、見ると、哲学者の方が馬鹿に見える。
哲学者は、論理的に考える。政治家は、勝ち負けで考える。
あとは、相対的に考えれば分かる。北は上、南は下と決まっているようで、逆にしても成り立つ。
リモコンは、テレビと関係して動く。そのように作られている。
そういう風に、物理的に視点を考えると分かる。
想像力と関係から可能性を考えると分かる。論理と感覚で分かる。色んなことを考えれば良い。
あとは、実体験と具体例から宇宙の法則が分かる。
昔は、心の働きを実感と自分の経験で分かっていた。
社会を作っていた。国会と内政、政治参加、品質保証、独立と分散、共同体、など、いくらでも考えた。
ネットは、皆で共同して作り、自動で集めて、情報をまとめるのが賢い。
参加と意見の共有が賢いのがネットだ。皆を受け入れる場所だ。
抑圧の無い社会、受け入れられる環境、社会の構造と関係、生産手段、など、昔も社会学が多かった。
あとは、教育の発想が多かった。アンケートを子供が集めて、教師は統制的な自由にすると、自由だ。
出来る人間にやらせ、それぞれが王になる。それが会社だ。経営と発想とオープンソースの競争から分かった。
自由になって、引きこもりになって、皆が居なくなってから、昔居た環境を思い出して、経験して、意識を知って分かった。永遠のような自由の時間の中で、ネットとオープンソースのような経験をした。
経験と実感で分かった。全員分、世界全部の経験をした。独りだけ、分かっていない中で、自然に全ての経験を分かっていた。
ネットと精神分析、学習と意識で、全て分かっていた。
最近は、そういう人生を全部書いていた。
ネットは悪くない。ただ、あまりに引きこもりのような人間だった。
皆のことが全部分かった。厳密かつ包括的に、視点と感情を分かっていた。客観視と言葉の経験、想像力と意識が分かっていただけだ。
コンピュータは悪い。アナログな方が直せる。メールを見て仕事をするのは辛い。高齢者や老人が見て、使い方が分からない。本当に訳の分からない世界になったのは、全てコンピュータのせいだ。
あとは、芸術と機械と物理の発想を積み重ねて、色んなことを分かっていた。
全ては、変化と支配と理性の構造、実現のための方法、現象を分析する場と目線のモデルだ。
全ては、知、法則、説明、事実だ。
全ては、変化、時間、方法、視点だ。
経験から世界を自然に知った。積み重ねて、理性と経験で社会と関わって分かった。
治すから馬鹿になる。治さなければ賢くなる。それで良い。
治せば治すほど、消えて、無くなる。
治さなければ治る。
言語は、意味を増やすべきだ。
自由から体験し、把握し、試し、知識と想像力を得る。
社会を知り、理由と本質を知り、自然の法則を知る。
ありのままを任せて、自由な関係と社会の共同性や価値観を知る。
技術を学び、競争し、民主主義を知る。
経験と理性を比較して、科学を作り、システムと環境を知る。
あとは、環境や社会や科学の出来るを書いていた。
環境は、自由に支配することで、それぞれの価値観が生まれる。
環境は、自由を無くすことで、強くなる。
自由は、正しい考え方だが、平等は正しい理想だ。
社会がどうなっているのか、皆は何をしているのか、現状を分析して、色んな人間と融和して考える。自分に何が出来るか、どうすればどうなるか、考える。
人が何を思うか考え、自身の行動から知り、知識を得て、解決とモデルを考える。
社会がどうなるか考える。
相手を自由にして、導き手になる。
人々を知り、感情を知り、実感を知る。
あとは、マニュアルを作り、数学的な推論をした。
自分の感情がどうなるかから分かっただけだ。
沢山のことをして、分析し、把握し、広い視野で臨め。
望みを叶え、発想し、方法を知り、行動せよ。
経験と経験、知識、原因と結果を比較し、知り尽くせ。
自分が思うことは、他も思う。他が出来ることは、自分にも出来る。
ネットで議論し、文章を書け。
分析し、習得し、想像し、記憶せよ。
その社会がどんな社会になっていくか、考えた。
それぞれ必要なものを入手し、会社を作れば良い。そういうそれぞれを考えていた。
人間は、それぞれ色んなことを知っている。
国王と国会は、全てのことを出来るべきだ。
昔は、水を得た魚のように賢かった。
人間は、普通無いものが怖い。一日中テレビは、普通無い。ドライブは怖くない。学校に行けば良い。そういう普通が良い。
あとは、人生と宇宙の決まりを作っていた。
人生は、普通であれ。現象は、法則と自由で、全て同じ結果になれ。社会は、自由であれ。言葉と思考から、新しい発見があれ。
実験とは、同じ結果から分かることだ。
信念と思想が戦う時は、本当に正しい方が勝て。重力と性別が宇宙にあれ。心の現象は、信じた通りになれ。
死んでも、死ぬだけだ。神は居ない。人間は、ものだ。そういうところが普通になると分かる。科学は正しい。科学で科学を否定するのはおかしい。
科学的に科学を否定して、神や宇宙人を分かっていた。それくらいで分からなくなった。
科学と言うよりは、カント哲学だ。
宇宙の全ては、自然な法則で動いている。
意識は、脳だ。法則は、確率だが、偶然では無い。何故か、全て決まっている。決まっていないものは決まっていない。白紙だと思えば、昔のように分かる。
決まっているわけがない。自分がやっている。それもおかしい。
非科学的なものを排除し、自然に考えれば分かる。
進化はするが、進化は退化だから、しない方が良い。
何が本当に正しいのか考えていた。
逆に、正しい知恵を乱発していた。
仮定し、検証する。ある程度正しいなら、信じて良い。
国は人種や遺伝子ではなく、今の社会の状態と価値観であり、変化する。また、殆どは言語と政治思想だ。社会の問題は、歴史の必然だ。
無神論が賢い。キリスト教はおかしいだけだ。ただ、キリスト教で色んなことが出来た。
宇宙が何なのか、まだ分かっていない。だが、明らかに物理が一番正しい。残りの部分も、さらに発展した物理で分かるはずだ。
自然と偶然を信じれば、分かる人間が多い。偶然しかないわけではない。神のような現象もたまに起きる。馬鹿に、全て分かった人間は、自分の人生を自由に変えられる。そういう運命や因果性のようなものもある。
科学的に考えれば分かる。自分で確かめて、いつも正しいなら、それは実験結果が正しいからだ。
自然な考え方と方法論を知れ。全ては、数学的な正しさと法則だ。
あとは、数学的に正しい論理学を全部作っていた。