assyschwarz's diary

最近のブログです。

自由

自分の自由に決めること。だが、他の人間の自由を侵害してはならない。
それで、僕で無くなれ。自分の自由な人生と道を作れ。
そこには、法則がある。
精神分析せよ。
言葉を作って、意味を考えること。
全部思い出すこと。
視点と思考を辿ること。
馬鹿を捉えて分かること。
戦っただけが、昔に多かった。もう、既にいくらも古い記憶だ。
最近は、全員おかしい。
我慢すれば治る。
何でもかんでも信じるのではなく、信じるものと疑うものを良く選べ。
社会は、抑圧と解放だ。
信頼せよ。
時間と存在を考えること。
考え方を作り、正しい考え方で考えること。
もう終わりだ。皆、自由な人間になれ。本来の自分自身を取り戻せ。
希望のために、世界を救うこと。解決者となれ。
認識を考え、思考力をつけ、人と問題を解決せよ。
参加して手段を得れば、人は何でも出来る。
そういう風に、自由を連結して、視点を考えていた。
あとは、詳細まで想像力と感情と言葉を考えていた。
最近は、地獄が多い。永遠に続く、執筆の地獄と神の永遠は辛い。
自分を治したかった。皆を自分にするのがおかしい。
昔は、心と精神が思考で分かった。
最近は、神のように「覚えている」ことが多かった。
国と思想を作って、構造で分かることが多かった。
分析と概念から、自分の科学を作っていた。
世界の色んな国が好きだった。
あとは、厳密な理性と豊富な経験、情報と手段から分かると、哲学が分かる。
認識と意識を良く考えて、分析すれば、ヴィトゲンシュタインのように、全ての哲学が分かる。
プラトンは、イデアの想起と言うが、そのように記憶を分かれば分かる。
人生のイデア、例えば作家のイデアなどがあったりするのかもしれない。
経験から知と社会的な意識を考えれば、誰でもヘーゲルと同じように世界と自我が分かる。
全ての哲学をせよ。それは、全ての科学であり、全てを創ることだ。
コンピュータの知識があると良く分かる。
芸術や技術の発想と、理性と想定の実感から、社会が分かる。
理想の世界は、むしろ平等だ。権利を許し、認め、教え、与える、全てある世界だ。
本質から行動と方法を分かり、構造と関係を作って、想像力で把握し、変化を知り、支配すれば分かる。
手段から世界を分かれ。全ての実現を目指し、平和な環境を実現せよ。
あとは、主観と客観、支配と一部という発想が多かった。
環境への適応と、変化から、機械のように分かっていた。
最近も、機械が多い。機械的に論理を積み重ねていた。
あとは、神が多かった。イスラムのように、戦いの神に従う。
何故か、神や宇宙人などと対話するありえない体験が多かった。
昔は経験と理性で、最近は神と治癒だ。
昔は環境と認識で、最近は記憶と言葉だ。
昔は哲学と数学で、最近は政治と作家だ。
世界は、自分で無くなって、平和に発展し、意識を転換せよ。
正しいことは、いつでも正しい。
自由の定義を書いていた。自由とは、平和を求める、影響力と権利と配慮の心だ。
全て自由から説明した。だが、それは平等な人間だった。
歴史や、変化の中での実現性と思えば分かる。
あとは、戦う人間が多かった。精神分析で、世界を支配し、希望のために言葉で戦っていた。
国を作れ。選挙と、労働と、会社と、所有を構造にして、自由に考えると分かる。
国会、役所、軍隊、経済、生産手段、家族が必要だ。
社会主義は悪い。全てを家族にする意味が無い。自由な国の方が良い。
あとは、人間と心を考えると分かる。人間は従った方が良いが、社会は自由な方が良い。それは、矛盾する。
色んな体験を考えれば分かる。行動には、結果が伴う。
心理的に、全員を吸収した。
そうするために、どうすれば良いか分かった。
立場を吸収し、相手の立場に立って考えた。
言わないと分からない。心は、寂しくて虚しいだけだ。それが怖い。
全部忘れれば分かる。
実現可能性を高めるため、参加と手段を構築し、変化可能にせよ。
全部同じにすれば治る。
おかしく適応し、全ての体験をし、認識で分かった。神と対話し、世界を支配した。
認識と可能性を築け。構造から関係を知れ。特性と種類と視点とパターンを知れ。
フィルターから普通の人間の認識と正しさを知れ。データベースを作れ。
あとは、色んなものがあった。コンピュータと科学から、実感で全て分かった。
一番可能性のあるものは、遺伝子と脳と原子だ。
脳は、思い出すだけだ。
ヘーゲルが言うように、生命は自己目的だ。そのように、自由に目的から考えると分かる。
コブクロが言うように、この一瞬に賭けてみたいだけだ。
社会の理解は、有用性から啓蒙になり、人倫から指導者になり、自由は、個人から環境になり、共同体になり、支配者になる。
自分の意思で決めるなら自由だ。その意思を尊重すべきだ。
社会システムは、必要なものを作り、分配し、共同体の国となれ。
全ては、影響力と歴史だ。全ては自由だが、最初からあった。科学と神は同じだ。神は、エネルギーだ。
物理は、エネルギーの観測と、数学的な正しさを持つ、数式だ。
生命は、光合成食物連鎖だ。
物理は、仮説と理論であり、原理と変化の観測だ。
死ぬと、ユダヤ教の神になって、宇宙全部の意識になる。神との融和だ。
太陽は生きて何か考えているかもしれない。重力やエネルギーは、もっと他の何かかもしれない。
意思と目的から、色んなものを自由に変えられるのが分かる。歴史と手段から、理解出来る。理解から、変えられる。自由に作ることが出来る。
過去のことを今のことと同じとして考えると分かる。解決の参考になる。過去に立ち帰ることだ。
人間は、まだ何も分かっていない。だが、人間の分かったことなら分かるはずだ。それが僕の実存主義だ。あとは、ネットのデータベースで分かる。
Linuxは、改善と共有だ。価値観と多様性だ。システムと公開だ。
心を推論した。それをすると良い。
環境や変化の中で、心と意識を推論し、出来ることや行動、その結果を考えた。
実存主義的に考えよ。自由だけでは、何も分からない。皆の声を聞き、人生と社会の出来ることを知れ。
あとは、全体像を見て、知り尽くし、試せ。真似をして、実験し、客観視せよ。議論せよ。
ネットで経験し、意識を高め、転換せよ。一度引きこもりになれ。
環境から自由になって、思い出すこと。
助け合いの考え方を知ること。
存在と時間の考え方を知ること。
支配と決定の考え方を知ること。
作用と反応の考え方を知ること。
最近は、分からない分かるを作って分かった。デカルトニーチェを神と言って、フランスにはデカルトしか居ないと言う。そういうことを言っていると、分からなくなる。昔は、正しく可能性と理屈を分かっていた。
世界に宣言して、対話して、導いていた。世界は、新しい社会秩序を作るべきだ。
結果を把握し、自然な中で生きよ。
脳が馬鹿をやっているのは、結果まで全て分かっている。
ただ、神の戦いをした。誰にも信じられないだろう。